2009年02月10日

うつ病の集団認知行動療法

うつ病の集団認知行動療法うつ病の集団認知行動療法

さあ!はじめよう 著者:岡田佳詠/田島美幸出版社:医学映像教育センターサイズ:単行本ページ数:155p発行年月:2008年07月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 19:52| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私はうつ病ですか

私はうつ病ですか私はうつ病ですか

誰も教えてくれない「うつ病の真実」 著者:東町裕二出版社:文芸社サイズ:単行本ページ数:114p発行年月:2008年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)体験者が自らの症例と治療の経過を公開し、“うつ病の真実”と“うつ病との向き合い方”を語る。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 うつ病対策に必要な知識/第2章 うつ病って何だ?/第3章 私のうつ病体験/第4章 うつ病の症状/第5章 うつ病から学んだ真実/第6章 うつ病患者さんの姿/第7章 最終章【著者情報】(「BOOK」データベースより)東町裕二(ヒガシマチユウジ)1958年生まれ。島根県出身。機械設計・化学プラント設計・建築物設計など一貫してデザイン業務を担当。1987年中国滞在プラント建設。1994〜1997年米国駐在新工場建設担当。神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 01:45| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

うつ病

うつ病うつ病

まだ語られていない真実ちくま新書 著者:岩波明出版社:筑摩書房サイズ:新書ページ数:228p発行年月:2007年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)いまやうつ病は国民病、あるいは生活習慣病といってもいいほど一般的になった。だが、この疾患に対しては、軽症の場合でも経過を観察するだけでは不十分である。症状が進展すると、長期にわたる仕事からの脱落、さらに重症の場合は自殺へとつながってしまうからである。本書では、これまで一般に信じられてきたうつ病に関する診断や治療の誤りを正すとともに、患者および家族の指針となる臨床的な事実を提示する。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 うつ病の刻印—ヘミングウェイ、最後の日々/第1章 死を招く病/第2章 うつ病の薬物療法/第3章 気分変調症(ディスサイミア)/第4章 うつ病は増えている/第5章 抗うつ薬は危険か?/第6章 自殺者の国【著者情報】(「BOOK」データベースより)岩波明(イワナミアキラ)1959年神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業。精神科医、医学博士。都立松沢病院、昭和大学病院精神科、東大病院精神科などで精神科臨床にたずさわる。埼玉医科大学精神医学教室准教授。うつ病の薬物療法、統合失調症の認知機能障害、精神疾患と犯罪などを主な研究分野とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 20:42| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

うつ病・自律神経失調症治る人治らない人

うつ病・自律神経失調症治る人治らない人うつ病・自律神経失調症治る人治らない人

著者:鈴木直人出版社:メタモル出版サイズ:単行本ページ数:190p発行年月:2008年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)うつ病や自律神経失調症は心の問題を解決すれば治ると思われがちですが、実はそうではありません。いくつもの原因が絡み合っています。ですから、治るためには、そのすべての原因を取り除くことが必要なのです。本書では、うつ病や自律神経失調症になった時に、ただ「休めばいい」ということだけではなく、より効果的にうつ病や自律神経失調症を治すにはどうしたらいいのかをまとめています。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 自律神経失調症・うつ病とはどんな病気かを知ろう/第1章 自律神経失調症・うつ病の存在理由/第2章 自律神経失調症・うつ病の特有な症状/第3章 自律神経失調症・うつ病の原因—ストレスとは/第4章 自律神経失調症・うつ病の対策—ストレス別/第5章 自律神経失調症・うつ病対策—病気との向き合い方/終章 自律神経のしくみ【著者情報】(「BOOK」データベースより)鈴木直人(スズキナオト)うつ病・自律神経失調症の整体院・健療施術院院長。日本自律神経研究会代表。うつ病・自律神経失調症の情報サイト「自律神経失調症・うつ病ナビココカラ」主宰。1992年整体治療院を開業。1997年自身が自律神経失調症からうつ病を患ったため、自律神経失調症やうつ病のことを研究し始める。1999年自律神経失調症やうつ病から回復し、その経験と研究結果から自律神経失調症やうつ病専門の整体・心理療法・セラピーなどを始める。患者に対して個別のアドバイスを始める。2005年一般の人を対象としたうつ病、自律神経失調症、心の問題についての講演を始める。2006年仕事場がうつ病や自律神経失調症の原因になっていることが多いことから、法人向けにうつ病対策のアドバイス・講演、サポートを始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 22:18| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病

うつ病うつ病

正しく知って治す別冊NHKきょうの健康 著者:野村総一郎出版社:日本放送出版協会サイズ:ムックその他ページ数:111p発行年月:2008年02月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 02:55| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

私の「うつ病」体験記

私の「うつ病」体験記私の「うつ病」体験記

病んでわかった家族の絆・夫婦の愛PHP文庫 著者:小川宏出版社:PHP研究所サイズ:文庫ページ数:252p発行年月:2008年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)平成3年、冬のある日。朝、起きようとするのだが、行動が伴わない。「うつ」の始まりだった。翌年の3月。心の中で「サヨウナラ」と家族に別れを告げた。自殺は未遂に終ったが、「うつ」との闘いが始まった。しかし現在は、「うつと仲よく付き合う」という心のゆとりを持てるまでになった。本書は「うつ」から生還した著者の体験記であり、症状を同じくする人に贈る励ましの書である。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 私のうつ病体験記/第2章 うつ病とは何か?/第3章 私のまわりのうつ病体験者/第4章 看病疲れか、妻が「がん」に/第5章 うつ病にならないために/第6章 病気は人生の挫折ではない!/第7章 私たちが辿った夫婦の階段【著者情報】(「BOOK」データベースより)小川宏(オガワヒロシ)1926年、東京生まれ。早稲田大学専門部工科建築科卒業。1949年、アナウンサーとして日本放送協会(NHK)に入局。人気クイズ番組『ジェスチャー』の司会を10年間務める。NHK退局後、フリーとなり、フジテレビのワイドショー『小川宏ショー』を担当。同番組は17年間の長きにわたり放送が続いた。現在は、自らのうつ病体験をもとに、講演や執筆を中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> ノンフィクション> ノンフィクション(日本)
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 00:43| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

SIGMAを用いたMADRS日本語版によるうつ病の臨床評価

SIGMAを用いたMADRS日本語版によるうつ病の臨床評価SIGMAを用いたMADRS日本語版によるうつ病の臨床評価

著者:稲田俊也/稲田俊也出版社:じほうサイズ:単行本ページ数:56p発行年月:2004年06月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 10:58| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

これだけは知っておきたいうつ病診断の知識

これだけは知っておきたいうつ病診断の知識これだけは知っておきたいうつ病診断の知識

プライマリ医療における軽症うつ病・仮面うつ病を中心 著者:野添新一出版社:医薬ジャーナル社サイズ:単行本ページ数:94p発行年月:2004年07月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)1 心療内科の紹介患者から見える軽症・仮面うつ病診断の現状と問題/2 内科疾患とうつ病/3 外科(整形外科を含む)疾患とうつ病/4 睡眠障害とうつ病—睡眠薬に対する誤解も含めて/5 痛みとうつ病/6 思春期・青年期とうつ病/7 壮年期とうつ病/8 更年期(女性)とうつ病/9 老年期とうつ病/10 軽症・仮面うつ病診断でプライマリ・ケア医(かかりつけ医)が留意すべき事項【著者情報】(「BOOK」データベースより)野添新一(ノゾエシンイチ)志学館大学人間関係学部教授、鹿児島大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 16:36| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

うつ病の治療ポイント

うつ病の治療ポイントうつ病の治療ポイント

長期化の予防とその対策 著者:平井孝男出版社:創元社(大阪)サイズ:単行本ページ数:382p発行年月:2004年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)うつ病治療の実態を正しく伝えた。遷延化・難治化の原因、再発の原因を詳しく解説。治療の基本と長期うつ病の治療例を具体的に伝えた。薬の効能と限界について詳しく述べた。今までのうつ病治療に柔軟性を付け加えた。治療例21例に逐次解説を加えながら治療過程を詳述。「うつ」の人間的意味を掘り下げた。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 解説編—うつ症状、原因、治療、薬、自殺、遷延うつ病などについて(抑うつとは/うつ状態とは—うつ病の症状/うつ状態の原因—長期化予防の視点から/うつ状態の治療/薬について/自殺について/入院治療について/家族への対応/遷延性・難治性うつ病とその治療)/第2部 事例編—長期化する種々のうつ状態とその治療例(遷延性・難治性うつ病の事例/対象喪失と遷延うつ病の事例/夢を利用した遷延うつ病治療の事例)【著者情報】(「BOOK」データベースより)平井孝男(ヒライタカオ)1949年、三重県上野市に生まれる。1974年、金沢大学医学部を卒業後、大阪大学病院精神科、大阪逓信病院神経科、仏政府給費留学、榎坂病院・淀川キリスト教病院精神神経科を経て、1991年4月、平井クリニックと新大阪カウンセリングセンターを開設。現在、平井クリニック院長、新大阪カウンセリングセンター長を務める傍ら、大阪市立大学生活科学部、および関西カウンセリングセンターなどで、治療学の講座を担当。精神科医。臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 12:11| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

精神科医がうつ病になった

精神科医がうつ病になった精神科医がうつ病になった

ある精神科医のうつ病体験記 著者:泉基樹出版社:廣済堂出版サイズ:単行本ページ数:182p発行年月:2002年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)支えとなるにはどうすればいいのか 偏見をなくしていくためには—悩めるすべての人に送る1冊。一度は離職しながらも、完全に復職した現役精神科医の衝撃的手記。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 根底/第2章 きざし/第3章 発病/第4章 闘病生活/第5章 復職/終章 二人への手紙【著者情報】(「BOOK」データベースより)泉基樹(イズミモトキ)1969年生まれ。現役精神科医。平成8年にS大学医学部を卒業後、J大学付属病院精神科にて2年間の初期研修。平成10年よりM病院精神科にて1年2ヶ月、研修。平成10年の秋頃からうつ病になり、抗うつ薬を服用しはじめる。平成11年6月、J大学付属病院精神科に戻り、研修を続ける。同年11月より、うつ病の症状悪化のため、3ヶ月間病休。平成12年2月より復職し、O病院に派遣され、現在も常勤医として勤務中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> ノンフィクション> 文庫(ノンフィクション)
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 17:46| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。