2009年02月24日

うつ病という時限爆弾

うつ病という時限爆弾うつ病という時限爆弾

著者:アン・ドーソン/アンドレ・タイリー出版社:日本評論社サイズ:単行本ページ数:216p発行年月:2003年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、世界保健機関(World Health Organization:WHO)非感染性疾患対策部(在ロンドン)により組織運営された単極性うつ病に関する本会議の内容をまとめたものである。会議の目的は、早期診断を必要とするうつ病患者の診断と治療に関する理解を深めることであり、とりわけ非典型的な臨床像を呈するケースや適切な抗うつ薬治療による迅速な治療により、臨床上の利益および経済的利益を受けるケースに関する理解である。こうした認識が、この領域における、よりよいケアにつながることが期待される。本会議は、プライマリケアの現場で働いている人々、国および地域の政策立案者、健康保険組合や他の健康管理団体で働く人々を対象としている。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 うつ病と現代社会/第2章 うつ病治療の概観/第3章 うつ病とプライマリケア/第4章 職場におけるうつ病/第5章 うつ病の経済的・社会的影響/第6章 ディベート—新世代の抗うつ薬は、うつ病への最も有効な第1次選択薬なのか?【著者情報】(「BOOK」データベースより)島悟(シマサトル)東京経済大学小林和佳子(コバヤシワカコ)トッパンマインドウェルネス(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 10:48| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。