2009年01月21日

私の「うつ病」体験記

私の「うつ病」体験記私の「うつ病」体験記

病んでわかった家族の絆・夫婦の愛PHP文庫 著者:小川宏出版社:PHP研究所サイズ:文庫ページ数:252p発行年月:2008年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)平成3年、冬のある日。朝、起きようとするのだが、行動が伴わない。「うつ」の始まりだった。翌年の3月。心の中で「サヨウナラ」と家族に別れを告げた。自殺は未遂に終ったが、「うつ」との闘いが始まった。しかし現在は、「うつと仲よく付き合う」という心のゆとりを持てるまでになった。本書は「うつ」から生還した著者の体験記であり、症状を同じくする人に贈る励ましの書である。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 私のうつ病体験記/第2章 うつ病とは何か?/第3章 私のまわりのうつ病体験者/第4章 看病疲れか、妻が「がん」に/第5章 うつ病にならないために/第6章 病気は人生の挫折ではない!/第7章 私たちが辿った夫婦の階段【著者情報】(「BOOK」データベースより)小川宏(オガワヒロシ)1926年、東京生まれ。早稲田大学専門部工科建築科卒業。1949年、アナウンサーとして日本放送協会(NHK)に入局。人気クイズ番組『ジェスチャー』の司会を10年間務める。NHK退局後、フリーとなり、フジテレビのワイドショー『小川宏ショー』を担当。同番組は17年間の長きにわたり放送が続いた。現在は、自らのうつ病体験をもとに、講演や執筆を中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> ノンフィクション> ノンフィクション(日本)
さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by メンタルコーチ at 14:49| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。