2009年03月02日

実地医家のためのうつ病・周辺疾患治療症例集(2)

実地医家のためのうつ病・周辺疾患治療症例集(2)実地医家のためのうつ病・周辺疾患治療症例集(2)

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻 著者:上島国利出版社:医薬ジャーナル社サイズ:単行本ページ数:91p発行年月:2002年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書はセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)によるうつ病および周辺疾患に対する治療症例集である。症例報告こそ精神医学の原点であり、そこには治療者の新たな経験、治療のヒント、考え方のコツ、治療に難渋した体験などが盛り込まれている。各症例は我が国唯一のSNRIであるミルナシプランの使用経験であるが、通読することによりミルナシプランの持つ特徴をつかむことが出来るよう構成されている。【目次】(「BOOK」データベースより)1 うつ病/2 うつ病(他剤併用例)/3 脳血管障害に伴う抑うつ/4 疼痛に伴う抑うつ/5 他疾患に伴う抑うつ/6 その他【著者情報】(「BOOK」データベースより)上島国利(カミジマクニトシ)昭和大学医学部精神医学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 16:10| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どものうつ病

子どものうつ病子どものうつ病

見逃されてきた重大な疾患 著者:伝田健三出版社:金剛出版サイズ:単行本ページ数:263p発行年月:2002年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、子どものうつ病を包括的に捉えて、成因・病態、症状、分類・類型、経過・予後などについての最新知見を簡潔に述べたうえで、有効な薬物療法・精神療法、家族へのアプローチ、自殺の予防といった治療の実際を豊富な症例を挙げ具体的に詳述したものである。さらに現代社会の子どもへの影響や、“うつ”状態が子どもにとって何を意味するかまでにも言及している。今まで見逃されてきた「子どものうつ病」を正しく診断し、治療するために必要な事柄をすべてもり込んだ実用書である。【目次】(「BOOK」データベースより)子どものうつ病とはどんな病気なのか?(子どものうつ病の概念と歴史—子どものうつ病はどのように考えられてきたのか?/子どものうつ病の疫学—子どものうつ病は意外に多い病気である ほか)/症例呈示(典型的な子どものうつ病症例/子ども特有のうつ病症例)/子どものうつ病の臨床的特徴(子どものうつ病に関する文献展望/児童・青年期の気分障害に関する臨床的研究—大学病院における5年間の外来統計)/子どものうつ病の治療(初回面接の重要性—子どものうつ病治療の成否は、初回面接によって決まる/子どものうつ病の薬物療法—子どものうつ病に薬物療法は有効か? ほか)/子どもと現代社会(子どものうつ病と自殺/子どもと現代社会—現代社会は子どもにどのような影響を与えているのか? ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)伝田健三(デンダケンゾウ)1957年静岡県に生まれる。1981年北海道大学医学部卒業。1998年〜1999年ロンドン大学精神医学研究所、ベスレム王立病院(青年期病棟、摂食障害病棟)、モーズレー病院に留学。現在、北海道大学大学院医学研究科神経機能学講座精神医学分野助教授。専攻は臨床精神医学、児童青年精神医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 11:45| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。