2009年03月01日

よくわかる脳卒中後遺症におけるうつ病・うつ状態のマネジメント

よくわかる脳卒中後遺症におけるうつ病・うつ状態のマネジメントよくわかる脳卒中後遺症におけるうつ病・うつ状態のマネジメント

神経内科・精神科の立場から 著者:平井俊策/樋口輝彦出版社:医薬ジャーナル社サイズ:単行本ページ数:75p発行年月:2003年05月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)1 序にかえて/2 PSDとは—総論的に/3 PSDの頻度と背景因子/4 PSDの成因—脳血管性うつ病とアパシーの観点から/5 PSDの臨床症状と診断/6 PSDの治療/7 PSDと脳卒中患者のQOL・予後【著者情報】(「BOOK」データベースより)平井俊策(ヒライシュンサク)群馬大学名誉教授樋口輝彦(ヒグチテルヒコ)国立精神・神経センター国府台病院院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 16:03| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。