2009年01月31日

躁うつ病はここまでわかった

躁うつ病はここまでわかった躁うつ病はここまでわかった

著者:加藤忠史/不安・抑うつ臨床研究会出版社:日本評論社サイズ:単行本ページ数:213p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)患者・家族のための、治療と研究の最前線!どこからどこまでが躁うつ病なのか、その原因はなにか、治療の実際は…躁うつ病の現在を、第一線の精神科医がわかりやすく解説する。【目次】(「BOOK」データベースより)躁うつ病の症状と診断/躁うつ病の薬物療法/躁うつ病の心理社会的治療/躁うつ病治療の実際/躁うつ病の原因はどこまでわかったか/躁うつ病体験記—患者の立場から/躁うつ病Q&A【著者情報】(「BOOK」データベースより)加藤忠史(カトウタダフミ)1963年、東京生まれ。1988年、東京大学医学部卒業。滋賀医科大学精神医学講座助手、東京大学医学部附属病院講師を経て、現在、理化学研究所脳科学総合研究センター老化・精神疾患研究グループ・グループディレクター、精神疾患研究チーム・チームリーダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学
さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by メンタルコーチ at 09:32| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。