2009年01月30日

高齢者におけるうつ病の診断と治療

高齢者におけるうつ病の診断と治療高齢者におけるうつ病の診断と治療

著者:マイク・ブライリー/木村真人出版社:星和書店サイズ:単行本ページ数:73p発行年月:2004年10月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)1 高齢うつ病の疫学/2 高齢うつ病における経済負担/3 高齢うつ病の生物学/4 高齢患者におけるうつ病の認識/5 高齢うつ病の経過/6 高齢うつ病の管理【著者情報】(「BOOK」データベースより)Briley,Mikeイギリスのバス大学、フランスのパスツール研究所などで生化学と薬理学を研修し、その後最も新しい抗うつ薬の一つであるSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害剤)、ミルナシプランの製造元として知られるフランスのPierre Fabre社などで長年薬剤の製造や販売に携わり、それらの経験からうつ病や抗うつ薬に関する多くの著書と研究論文を発表している木村真人(キムラマヒト)1984年日本医科大学卒業。1991年医学博士。1992年日本医科大学精神医学教室講師。1999〜2000年アメリカ、アイオワ大学精神科に留学。2001年日本医科大学精神医学教室助教授。2003年日本医科大学付属千葉北総病院メンタルヘルス科部長。専門は、気分障害、特に高齢者のうつ病や脳卒中後うつ病を含めた血管性うつ病の病態と治療。精神保健指定医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医、2001年American Neuropsychiatric AssociationよりYoung Investigator Awardを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 医学
さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by メンタルコーチ at 23:53| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。