2009年01月08日

マンガ境界性人格障害&(アンド)躁うつ病remix

マンガ境界性人格障害&(アンド)躁うつ病remixマンガ境界性人格障害&(アンド)躁うつ病remix

日々奮闘している方々へ。マイペースで行こう! 著者:たなかみる出版社:星和書店サイズ:単行本ページ数:175p発行年月:2006年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)『マンガお手軽躁うつ病講座High&Low』に続く第2弾!!なんと境界性人格障害が隠れていた?躁うつ病に境界性人格障害を併せ持つ漫画家たなかみるが、ユーモアいっぱいにマンガでつづる爆笑体験記。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 現在はこんなふうになってます(簡単あらすじ/病状は只今こんな感じです ほか)/第2章 境界性人格障害について(境界性人格障害(BPD)簡単講座/境界性人格障害(BPD)治療法簡単説明 ほか)/第3章 躁うつエピソード(今回の私の場合/双極性障害(躁うつ病)簡単講座)/第4章 家族(周り)の人との関係(息子(十二歳)とのお付き合い/娘(六歳)とのお付き合い ほか)/第5章 病気と付き合うために(今こんなふうにして過ごしてます/精神科は近々身近になる予想 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)たなかみる(タナカミル)大阪在住。高校中退とんでも学歴。イラストレーター兼マンガ描き。現在も地味に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by メンタルコーチ at 15:00| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の人の気持ちがわかる本新版

うつ病の人の気持ちがわかる本新版うつ病の人の気持ちがわかる本新版

著者:保崎秀夫出版社:主婦の友社サイズ:単行本ページ数:191p発行年月:2008年02月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 うつ病の知識をおさらいしましょう(うつ病の症状を知る/うつ病を引き起こすもの/y¥うつ病と似ている病気/治療の基本/うつ病の薬物治療の基礎知識)/第2章 あなたの身近な人がうつ病と診断されたら(うつ病は治る病気、そしてありふれた病気/患者の気持ちをもっと知って/「怠け者」と誤解されることが/治ると、けろっとしている)/第3章 うつ病の患者を支えるために家族は何をしたら(早期発見、早期治療/まず、どこへ行けばよいか/医師のところへは、家族も一緒に/うつ病と診断されたら/自殺や自傷行為など事故を防ぐために/回復期に気をつけること/家族のケア(事例編))/第4章 治っても、再発の予防は忘れずに(再発しやすいことも考えて/残念ながら再発したとしても/家族もあまり神経質にならないように)/第5章 双極性障害についても知っておきましょう(双極性障害の症状は/治療と家族のケア/再発の可能性を考えて)【著者情報】(「BOOK」データベースより)保崎秀夫(ホサキヒデオ)1926年、神奈川県川崎市生まれ。1948年、慶應義塾大学医学部卒。東京学芸大学助教授をへて、1968年、慶應義塾大学精神神経科教授に就任。慶應義塾大学医学情報センター長、慶應義塾大学病院院長を歴任。1991年に慶應義塾大学名誉教授となる。専門領域は、臨床精神医学一般(うつ病、統合失調症、器質性精神障害など)、精神病理学、司法精神医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by メンタルコーチ at 02:07| Comment(0) | うつの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。